キャバ嬢

Sad girl

キャバクラ嬢には、昼間の仕事と掛け持ちをしている者、キャバ嬢を本職としてやっている者、大学生や専門学生など、色いろな人がいます。
そのため、キャバクラには、在籍の中でもレギュラー、準レギュラーがあります。
また、準レギュラーでの出勤は厳しいという方には、派遣の選択肢もあります。

1つのお店に在籍せず、1日だけ、短期間、だけの出勤が可能です。
学生や兼業の人には、最もメリットある働き方です。
派遣は在籍しているわけではなく、あくまでもヘルプなので売上や指名の本数を気にすることなく気軽に働くことが出来ます。
また、色いろなお店を回れるので、自分がどんなお店に合っているのか、どんなお店が働きやすいのか見極めることが出来ます。
それに加えて、エリアも沢山の地域があるので、通勤場所も選べます。

在籍のキャバ嬢は、アルバイトとしてではなく、本職として働いているケースが殆どです。
在籍の場合は、同伴ノルマや指名の本数、売上を気にしながら働かなければいけません。
また、店舗によってはイベント期間は休めないなどの制約があったり、細かい規則があったりもします。
短期間のアルバイトや旅行等のイベント費用を目的に働くには、厳しいと言われています。

服装

Angel's eyes

キャバ嬢が注目を集めるポイントの1つに、女性から見ても、男性からみてもみりょくてきな服装があります。

■ロングドレス
どこのキャバクラに行っても、必ず居るのがロングドレスを着ている女性です。
ビーズが装飾されているキレイなドレス、オルエタル風なドレス、フリルやレースをあしらった可愛いらしさを演出するドレスがあります。
ロングドレスは、脚の露出を避けたい女性の味方です。また、ロングドレスは、色いろな形があるのでキレイな自分、強めな自分、可愛らしい自分に簡単に変身できます。
金額は、安い物では3000円前後からあります。高い物になると、最低2万円からです。

■ミニドレス
ここ数年、爆発的な人気をみせのは、ミニドレスです。
ミニドレスには、可愛い系のもの、お姉さん系の物があります。
特徴は、上半身の露出が少ないのもあることです。
また、デザインによっては、体型をカバーする強い味方になってくれます。

■膝丈
膝丈のドレスは、あまり見かけないですがボディラインを強調する物が多いです。
また、脚もムネもあまり見せないデザインが主流です。しかし、背中の露出が大きかったり大人の女性を演出してくれます。

イメージ

Hot girl and winter

おしゃかわな女子におすすめ!横浜のガールズバー求人をお探しの方はこちらを要チェック。自分に合ったお仕事がきっと見つかります。

キャバクラとは、女の子の憧れの職業ランクキング上位にランクインしている職業です。
男性客に楽しい会話と時間を提供します。
女の子の憧れと言うだけあって、勤めている女性の美意識は高くキレイな女性が多いと言われています。
また、ここ数年でキャバクラに勤める女性「キャバ嬢」がメディアに露出するようになってきました。

キャバクラの求人は、18歳以上の女性が応募できるものです。
満18歳になっていても、高校に在学中の場合は応募できません。
これは、法律で定められているものです。
キャバクラ求人情報には、紙媒体とインターネットでの求人情報があります。
紙媒体では、店舗ごとの募集をしている事が多いです。
つまり、専属のキャストさんを探しているのです。
インターネットには、専属のキャストさんを探しているものもありますが、派遣の求人も載っていることがあります。

キャバクラ嬢向けの雑誌をみると「給料は日払いで」という、女性のセリフがあります。
スカウトマンを経由して、キャストさんが足りないお店に出勤して居ることもありますが、殆どのケースでは派遣業者からの紹介で1日だけキャバ嬢をしています。
現在では、在籍をおかずに派遣を利用して自分のペースで「稼ぐ」を実現する女性も増えてふえてきました。

歴史

Beautiful girl

■キャバクラ
歴史は、意外と新しいのです。
といのも、元々は喫茶店やクラブ、社交場という営業形態から進化し続け今のキャバクラが確立しました。
1980年代に、日本初のキャバクラが歌舞伎町で誕生しました。
以前は、女性とお酒も飲み楽しく会話するのも大衆的な文化では無かったのです。
キャバレーとクラブを融合したものが今の形態です。
今の営業形態、サービスが生まれたことで、気軽に女性と楽しい時間を送れるようになりました。
また、現在のように「キャバ嬢」という概念もなく、素人女性とお酒を飲みながら楽しく会話出来るをコンセプトに売り出していました。
当時は、水商売へのネガティブイメージも強かったのですが、ここ数年「キャバ嬢」の進出により悪いイメージは消え、憧れという不動の地位を手に入れました。

■衣装
現在では、キレイなドレスを身にまとっている女性が多いですが、以前のキャバ嬢は私服のようなもので働いていました。
素人を売りにしているキャバ嬢は、私服。プロの接客を売りにしているホステスは、着物やスーツ、ドレスを衣装としていました。
ここ10年くらいで衣装も綺羅びやかなものになっていったのです。
今は、キャバ嬢でもイベントの時は着物も着ますし、ホステスもキャバ嬢のようなドレスを着ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加